2019年05月01日

令和を迎えて

令和が始まりました。そこで、私なりに身近な元号生まれの方々の印象を一言ずつコメントしたいと思います。
「明治は遠くなりにけり」の明治は完全に歴史の中の一時代という認識になりました。私が研修医の頃は明治生まれの患者さんが80代でちらほらいらっしゃいました。当時は長寿のシンボルで歴史の生き証人でした。
大正生まれの方は各界の重鎮として存在していたというイメージがあります。この世代の方は真っ先に戦争に狩り出され、生命・財産への影響を最も強く受けたと思います。
昭和初期生まれは子供時代が戦後の混乱期にぶつかり、時代に翻弄された体験をもつため、独自のカラーをもつ方が多いと思います。リアリスト、ロマンチスト、仕事人間など自分のスタイルをお持ちでした。
昭和中期生まれは青少年時代に高度経済成長期をむかえ、右肩上がりの社会の勢いに乗り成長しました。その分ジェネレーションギャップも激しく、外との摩擦や内なる矛盾を抱えつつ荒波を乗り越えてきました。いまや中年となり、各界で重要な役割を担っています。
昭和後期生まれは日本の社会が安定し、成熟期へ移行したので子供時代は平穏だったかと思います。しかしその平穏はバブル崩壊で破られます。まず就職難の洗礼を受け、その後は経済停滞で生じた閉塞社会へ適応するしかありませんでした。それ故に、価値観が多様化して個人主義が最も進んだ世代かもしれません。
平成初期生まれはまだ20代の若者です。ピラミッド社会を見上げるように裾野を歩いていますが、これから頭角を表していくことでしょう。令和の時代を形作るエネルギープラントと見なされます。これ以降の世代は未分化なので、おそらく令和より先の時代で開花することでしょう。
posted by ナカバヤシジビカ at 07:55| Comment(0) | 院長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月10日

スギ花粉の発症者急増

 今年は2/23よりスギ花粉が本格飛散となっています。3月に入り日々の飛散量が増加し、一気にピークを迎える勢いです。わずかな手持ちの薬や市販薬でしのげると思わないで、クリニックで処方をもらいましょう。既に発症して増悪傾向の方や昨年まで軽い症状だったのに今年は良くないという方は、今からでも間に合いますのでクリニックを受診しましょう。

 下の写真は、定点観察している東照宮のスギの木です。例年以上に花芽が多く見られます。後方のスギ木立は一見青々と着花していないようですが、いずれも老木で花芽がつかないだけです。
3月東照宮1.jpg
3月東照宮2.jpg

posted by ナカバヤシジビカ at 16:23| Comment(0) | 新着情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月03日

補聴器を使う前に(3)

補聴器が周波数ごとに何dBを増幅するかを示す目安に音響利得周波数レスポンスがあります。今、難聴者に対して会話音60dBSPLの1kHzが35dBHLで聞こえるように調整した補聴器があり、60dBSPLの音を入力した場合の周波数レスポンスが下図となります。縦軸の60dBからの伸びしろが増幅した音(利得)になります。これは補聴器の特性測定の検査となります。
オージオグラムのコピー5.006.jpeg

この時、オージオグラムに周波数ごとの利得を示し分かりやすく表したのが下図となり、1kHzで35dBHLに達しているかすぐにわかります。
オージオグラムのコピー5.007.jpeg

会話の理解には閾値上30dBまでの聞こえるように調整するので、会話音より30dB大きい90dBSPL入力時の周波数レスポンスが、聞こえの上限を意味することになります。これ以上に音を増幅しないとも言えます。これを最大出力音圧レベルと呼び、下図がその一例となります。
オージオグラムのコピー5.003.jpeg

この時、オージオグラムに周波数ごとの最大出力音圧レベルを示すと、閾値との間に30dB以上の幅があるかがすぐにわかります。ここで少し補正が必要となります。オージオグラムの0dBHLに対応する検査器の受話器の出力を、ヒトの耳に近似させた容器(カプラ)で測定した音圧(dBSPL)が下の表のようになります。周波数ごとに異なるカプラ内音圧を最大出力音圧レベルから引いて補正されたのが下図となります。
オージオグラムのコピー5.004.jpeg

オージオグラムのコピー5.005.jpeg

補聴器使用者に最も多い訴えは、会話が理解できないというものです。これは不十分なレベルまでしか音の増幅がなされていないからで、最大出力音圧レベルを閾値上30dB以上に維持することはとても大切なことなのです。
posted by ナカバヤシジビカ at 21:08| Comment(0) | 新着情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする