2017年02月06日

2017スギ花粉の飛散開始

今年の飛散開始は1月の最高気温の推移からみて2月25日前後と予想されます。2月の気温が高ければどんどん早まります。総飛散数については、昨年が予想を大きく上回る大量飛散で一昨年も飛散量が多かったため、スギの特性からみて今年は平年並みに落ち着きそうです。花粉症は三大症状のくしゃみ、鼻水、鼻づまりと並んで目のかゆみ、喉の症状、そして睡眠障害、倦怠感、集中力低下を招きます。いつも通り初期療法、セルフケア(マスク、ゴーグル、スプレー、空気清浄機)、こまめな花粉情報のキャッチなど充分な対策をとりましょう。飛散が始まりクリニックが混む前にお薬を処方してもらい、服薬開始時期は医師の指示に従うと良いでしょう。スギ花粉症の舌下免疫療法を検討している方は、効果や副作用の面から、スギ花粉のシーズン終了後からの開始となります。

posted by ナカバヤシジビカ at 06:50| Comment(0) | 新着情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする