2018年09月17日

亜鉛の散歩道

亜鉛が足りないと元気が無くなる、この知識が広まり亜鉛サプリを利用している方も多いと思います。亜鉛欠乏の症状は多彩で、耳鼻科領域では味覚異常、口内炎、免疫機能低下による易感染性が上げられます。乳児の場合、おむつかぶれには亜鉛欠乏が潜在していることがあります。とくに低出生体重児では生まれた時の栄養素の蓄えが足りず、母乳には亜鉛含有量が少ないので皮膚炎を生じやすいです。また学童期の低身長の中で、成長ホルモン分泌不全、染色体異常、その他器質的疾患を除くと、亜鉛欠乏が高頻度で原因になっていると報告されています。高齢者で寝たきりの方や経管栄養や経腸栄養の方では亜鉛摂取量が不足しやすく、褥瘡や認知機能低下の誘因になります。慢性疾患に関しては肝疾患、炎症性腸疾患では亜鉛吸収が低下したり、糖尿病や慢性腎疾患では亜鉛の尿中排泄が増加したりして、いずれも亜鉛欠乏に陥ります。薬剤の中には亜鉛の尿中排泄を促進させる(亜鉛キレート作用)ものがたくさんあります。例えば、甲状腺機能亢進症の薬、パーキンソン病の薬、糖尿病の薬、うつ病の薬、関節リウマチの薬、てんかんの薬など数百種類あります。不規則なダイエットや加齢も体内亜鉛量の低下を進めてしまうため、私たちは亜鉛欠乏から始まり各種疾患へと向かう川の流れにはまっているようなもので、知らぬ間に身体に異変が出てくるかも知れません。

亜鉛はなぜヒトの長い一生の間でかくも全身に影響を及ぼすのでしょうか?この問題について、亜鉛生命医科学で著名な深田教授の講演を聞く機会がありましたのでご紹介します。ヒトの身体は各臓器、感覚器、内分泌系、神経系、骨・軟骨、軟部組織、歯、皮膚、毛髪にいたるまで全身で亜鉛を必要としています。そもそもヒト遺伝子の約10%が亜鉛結合をモチーフにコードされているそうで、全身至る所でたくさんのタンパク質が亜鉛と結合することによりスイッチが入り、生体恒常性を制御しているとも言えます。この亜鉛シグナルが細胞内に伝わる細胞膜の出入り口を亜鉛トランスポーターと呼び、細胞レベルから個体レベルまでの恒常性の制御はもちろん、その他多彩な生理作用を持つことが分かってきました。亜鉛トランスポーターのうち細胞内にシグナルを送る方は14種類ありZIPファミリーと呼ばれ、それぞれ果たす役割が異なります。例えばZIP14は全身の成長、肝臓の糖新生に関わり、ZIP13は骨、歯、結合組織の形成に関与し、ZIP10はリンパ球のB細胞の発生段階に関与し、骨髄性白血病ではZIP10の発現が上昇します。また乳癌でZIP10が高い場合はリンパ節転移しやすいと報告されていますが、逆に乳癌の新たな診断や分子標的治療の開発のアプローチとして注目されています。ちなみにZIP10は毛包(髪の毛根)に多く発現するので、ここに亜鉛シグナルが伝わらないと薄毛になるのでしょうね。

亜鉛の関与する事象は本当に多岐にわたり、このまま研究が進めば、亜鉛をめぐる疾患の診断、治療、予防が急速に進歩し、私たちの生活がより健康的になるのではないかと期待されます。ところで亜鉛の名前は、江戸時代に寺島良安が和漢三才図会で「いまだ何者かを知らず、鉛に類する故に亜鉛と称す」と記したのが由来となっています。何やら印象の薄い名前のせいで損をしていますが、実際には亜鉛が生命維持に必要不可欠の元素であることは見てきた通りです。最後に一つ、卵子に精子が入りこむ受精の瞬間に卵子内の亜鉛濃度が急上昇する現象が蛍光顕微鏡で確認されています。これをZink Spark(亜鉛の花火)と呼び、生命の開始は実に亜鉛の強烈な閃光でドラマティックに幕開けすることを知り、深く感銘を受けた次第です。ネットで検索すると動画で見ることができますのでどうぞご覧ください。
posted by ナカバヤシジビカ at 17:41| Comment(0) | 新着情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする