2018年11月05日

法医学教室の夕べ

先日、法医学者の高木徹也先生の講演を拝聴し、なかなか興味深い内容だったのでご報告します。高木先生は東京都のご出身で、杏林大学で法医学を学び都内を中心に活躍されていました。法医学は医学の分野としては応用医学に分類され、一般にはTVドラマのように刑事事件で検死をする医師という認識でしょう。

実際には法医解剖(行政、司法、承諾、新法など)、鑑定業務(刑事・民事事件の生体鑑定、CT画像鑑定、文書鑑定、親子鑑定、個人識別鑑定など)、証人業務(警察や検察庁での意見聴取、裁判証人出廷)などの実務に加え、教育者として大学、警察・法曹関係、医療関係者、専門学校(葬儀・医療関連各種)、保険会社などにおける講義及び指導を受け持っています。さらに研究も行なっていて、主なテーマは死因究明手技の開発、死因別統計の解析、アルコール・薬物中毒の研究、死亡画像診断、法律の整備などで、また様々な臨床応用、社会応用にも貢献しています。例えば、かつて交通事故での運転手の死因には肝破裂、大動脈破裂が多く、その原因が衝突時に運転席のハンドルが胸腹部に損傷を与えるためと突き止めました。こうしてエアーバッグが開発され運転手の生命が守られるようになりました。応用医学である法医学の面目躍如といったところでしょう。

このように法医学は広範囲な役割を持つにもかかわらず、全国で150〜170人程の法医学医師がいるのみで全く数が足らず、中には県内に一人のみという危機的な地域もあります。法医学の医師不足ではどんな時に困るでしょう?それは大規模な事故・災害の時です。東日本大震災発生時、警察庁から高木先生に直ぐに応援依頼があり、その際約2千人の死者の見込みと聞かされました。翌日覚悟して仲間の先生達と被災地行きの機動隊バスに乗り込むと、死者は2万人を上回ると告げられました。驚愕し半信半疑の気持ちで出発しましたが、すぐ現実を知ることになりました。さすがに警察は正確な情報をいち早くつかんでいました。被災地入りした高木先生は、石巻を拠点に50件/日のペースで検死していました。同時期に気仙沼では何と100件/日のハイペースでした。なお、宮城県としてこの検死を外部応援に頼り切った訳ではなく、県内各所の被災した医師も医師会と連携してできる限りを行ないました。
東北6県は元々医師不足であり、震災前に医学部定員拡大の議論が起こっていました。従って震災後、東北復興を目的に特例措置として医学部新設が閣議決定され、東北医科薬科大学が誕生したことは当然の流れといえましょう。そして、高木先生が新設医学部の法医学教授に就任したことも運命的といえましょう。今まで仙台に縁のなかった高木先生ですが、定年までの10数年はこの地で法医学に情熱を注ぐと決意を述べましたので、身体に気をつけて頑張って欲しいと思うばかりです。

先生が宮城で仕事を始めて気になることがあります。それは、東京都と比較して覚醒剤中毒と小児虐待の発生率が高いことです。原因についてはまだ良くわかっていません。その覚醒剤中毒ですが、逮捕された容疑者は頑として容疑を否認するのが通例です。理由は単純で、初犯は執行猶予が付くのに対し再犯は実刑だからです。しかし、しぶとい常習者でも法医学医師の前に立たされると、つい本音が出てしまい、「これでバレる」と漏らすそうです。すかさず警察が「バレるとはどういう事だ‼︎」と怒鳴り上げると、しぶしぶ自白するそうです。そして、生体鑑定として上肢の皮静脈に沿って胼胝(タコ)があれば古い注射痕、点状出血があれば2〜3日以内の覚醒剤使用なので、これを確認し裏をとります。さて最近増えているのが、お酒に睡眠薬を混入して失神させ、暴行・強盗などの犯行に及ぶ犯罪です。これは、被害者がいわゆる酒豪の場合はコップ1杯の水割りで失神するのはいかにも不自然です。この矛盾に対して、実際の状況を再現し被害者に水割り(もちろん薬物混入なし)を飲んでもらうのが法医学の手法です。当然酒豪なので、何杯飲んでも顔色ひとつ変わりませんから、この実験結果が証拠となります。まだまだ裏の話がありますが、紙数も尽きたので今回はここまでとします。
posted by ナカバヤシジビカ at 07:22| Comment(0) | 新着情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする