2019年02月03日

補聴器を使う前に(3)

補聴器が周波数ごとに何dBを増幅するかを示す目安に音響利得周波数レスポンスがあります。今、難聴者に対して会話音60dBSPLの1kHzが35dBHLで聞こえるように調整した補聴器があり、60dBSPLの音を入力した場合の周波数レスポンスが下図となります。縦軸の60dBからの伸びしろが増幅した音(利得)になります。これは補聴器の特性測定の検査となります。
オージオグラムのコピー5.006.jpeg

この時、オージオグラムに周波数ごとの利得を示し分かりやすく表したのが下図となり、1kHzで35dBHLに達しているかすぐにわかります。
オージオグラムのコピー5.007.jpeg

会話の理解には閾値上30dBまでの聞こえるように調整するので、会話音より30dB大きい90dBSPL入力時の周波数レスポンスが、聞こえの上限を意味することになります。これ以上に音を増幅しないとも言えます。これを最大出力音圧レベルと呼び、下図がその一例となります。
オージオグラムのコピー5.003.jpeg

この時、オージオグラムに周波数ごとの最大出力音圧レベルを示すと、閾値との間に30dB以上の幅があるかがすぐにわかります。ここで少し補正が必要となります。オージオグラムの0dBHLに対応する検査器の受話器の出力を、ヒトの耳に近似させた容器(カプラ)で測定した音圧(dBSPL)が下の表のようになります。周波数ごとに異なるカプラ内音圧を最大出力音圧レベルから引いて補正されたのが下図となります。
オージオグラムのコピー5.004.jpeg

オージオグラムのコピー5.005.jpeg

補聴器使用者に最も多い訴えは、会話が理解できないというものです。これは不十分なレベルまでしか音の増幅がなされていないからで、最大出力音圧レベルを閾値上30dB以上に維持することはとても大切なことなのです。
posted by ナカバヤシジビカ at 21:08| Comment(0) | 新着情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする