2019年05月01日

令和を迎えて

令和が始まりました。そこで、私なりに身近な元号生まれの方々の印象を一言ずつコメントしたいと思います。
「明治は遠くなりにけり」の明治は完全に歴史の中の一時代という認識になりました。私が研修医の頃は明治生まれの患者さんが80代でちらほらいらっしゃいました。当時は長寿のシンボルで歴史の生き証人でした。
大正生まれの方は各界の重鎮として存在していたというイメージがあります。この世代の方は真っ先に戦争に狩り出され、生命・財産への影響を最も強く受けたと思います。
昭和初期生まれは子供時代が戦後の混乱期にぶつかり、時代に翻弄された体験をもつため、独自のカラーをもつ方が多いと思います。リアリスト、ロマンチスト、仕事人間など自分のスタイルをお持ちでした。
昭和中期生まれは青少年時代に高度経済成長期をむかえ、右肩上がりの社会の勢いに乗り成長しました。その分ジェネレーションギャップも激しく、外との摩擦や内なる矛盾を抱えつつ荒波を乗り越えてきました。いまや中年となり、各界で重要な役割を担っています。
昭和後期生まれは日本の社会が安定し、成熟期へ移行したので子供時代は平穏だったかと思います。しかしその平穏はバブル崩壊で破られます。まず就職難の洗礼を受け、その後は経済停滞で生じた閉塞社会へ適応するしかありませんでした。それ故に、価値観が多様化して個人主義が最も進んだ世代かもしれません。
平成初期生まれはまだ20代の若者です。ピラミッド社会を見上げるように裾野を歩いていますが、これから頭角を表していくことでしょう。令和の時代を形作るエネルギープラントと見なされます。これ以降の世代は未分化なので、おそらく令和より先の時代で開花することでしょう。
posted by ナカバヤシジビカ at 07:55| Comment(0) | 院長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。