2021年03月05日

重症のスギ花粉症の方へ

 コロナ禍のさなか、今年もスギ花粉症のシーズンがやって来ました。今までの薬剤で効果が十分でない、または人前で症状が出てしまうのを避けたいとうい方には、昨年から保険適応となった抗体製剤(ゾレア)という選択肢があります。ゾレアはアレルギーを起こす血液中のIgE抗体に結合することにより、炎症細胞の活性化を抑制します。12歳以上の重症のスギ花粉症の方が対象で、2〜4週毎に皮下注射を行います。昨年の経験では注射後2日目位から効果が現れはじめ、即効性があり効果の持続性も確認されました。スギ花粉症には第2世代抗ヒスタミン薬による初期療法で先手を打つことが推奨されていますが、もうそのタイミングは過ぎました。ゾレアは発症後の患者さんでも血液中のIgE値を下げて症状を抑制するので、シーズン中からの治療開始でも遅くありません。治療期間は5月までで期限がありますが、スギのあとに続くヒノキの対策にもなると考えられます。
 また、この薬剤は国内で11年前より同じアレルギー疾患である気管支喘息や蕁麻疹に使用され、有効性と安全性が十分検証されています。投与量は患者さんの血液中の総IgE値と体重から決定するスタイルになっているので、人により注射の本数が変わります。ところで抗体製剤は開発と生産に大きなコストがかかっているので、今までの抗アレルギー薬の窓口負担とは全く別に考えていただく必要があります。最小単位の75mgシリンジで1本4,444円(3割負担)で、本数の分だけ費用がかかります。これでも、薬価改定により昨年より40%程度安くなってはいます。
 スギ花粉症が重症で新しい試みをしたい方は、今年は抗体製剤を検討されてはどうでしょうか。
posted by ナカバヤシジビカ at 07:50| Comment(0) | 新着情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。